ダイエットには無酸素運動より有酸素運動の方が効果が高い

ダイエットを成功させるには、積極的に体を動かして運動をすることです。肥満の原因は消費されなかったエネルギーが、脂肪として体内に蓄積されることが挙げられます。身体に貯め込まれている脂肪を運動によって使い切ってしまえば、ダイエット効果が得られます。運動と言っても種類があり、ダンベルトレーニングやダッシュなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動です。無酸素運動のほうが一気に疲れが出るのでダイエットに適しているようにも感じますが、おすすめは有酸素運動のほうになります。ダイエット効果が高い理由としては脂肪燃焼効果が挙げられ、脂肪はゆっくりと時間をかけて運動することで燃焼していきます。短い時間で運動をする時などは無酸素運動も有効ですが、脂肪を燃やすのなら有酸素運動が向いています。有酸素運動であるウォーキングは歩いているので、30分くらいは簡単に続けられる運動であり、脂肪の燃焼効果が期待できます。長く続けやすい運動かも、ダイエットの成否に関わってきます。無酸素運動は体に負荷のかかるので、筋肉痛にもなりやすく、次の日に支障をきたしてしまう可能性もあります。身体負荷に構わず運動を続けた結果、ドクターストップがかかってしまうこともあります。続けることでダイエットの効果が出てくるので、体の負担が少なく気軽に行えるウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。リメリー いちご鼻